構成支援団体

羽二重ねっとを構成する団体・施設・機関を紹介します。


福井県眼科医会

福井県内の眼科を専門とする医師で構成され、眼科医療の進歩、地域医療の充実、会員倫理の高揚、福祉並びに親睦を目的として、必要な事業を行っています。地域医療については、10月10日の目の愛護デー近くに、福井県アイバンクと協力して目の無料健康相談を行い、新聞紙上に重要と思われる眼科疾患の解説を掲載しています。また数年ごとに福井市で「目の健康講座」を開催し、その他、福井県下全域でも目に関する講演を行っています。羽二重ねっとの構成団体として、眼科医療に関する情報提供や相談に対応していただけます。
福井県眼科医会ホームページ


福井県視能訓練士会

福井県視能訓練士会は、視能訓練士国家資格の取得者からなる団体です。視能訓練士の学術技術の研鑽ならびに人格資質の陶治につとめ、視能訓練の普及と発展を図って医療の向上に資することを目的に、様々な活動をおこなっています。視能訓練士は眼科医療機関において、視能矯正や訓練、見え方の支援、見え方の検査等をおこなう専門職です。羽二重ねっとでは、見え方の検査を含む医療情報の提供と相談に対応していただけます。
日本視能訓練士協会ホームページ


社会福祉法人 光道園

社会福祉法人光道園は、盲重複障がい者の専門施設として、様々な支援やサービスを提供しています。利用される方の就労、活動、暮らし、社会参加や社会自立を支援するために、鯖江事業所においては障がい者支援の2施設と支援センター、朝日事業所においては障がい者支援の4施設と支援センターとヘルパーステーションを、高齢者支援の3施設に加え在宅支援事業を展開し、地域に根を下ろした活動をおこなっています。特に盲重複障がい者の支援については、長い歴史と高い専門性を有する施設として、全国的にも高く評価されています。羽二重ねっとでは、様々な支援やサービスの提供施設として、また、歩行訓練をはじめとする高い専門性を生かした相談に対応していただけます。
社会福祉法人 光道園ホームページ


社会福祉法人 福井県視覚障害者福祉協会

社会福祉法人福井県視覚障害者福祉協会は、視覚障がい者の当事者団体であると同時に、点字図書や音訳図書、対面朗読等の視覚障がい者の読書環境の充実に携わる点字図書館、就労支援のための盲人ホーム、当事者の社会参加や活動を支援する支援センター、視覚障がい者を対象としたグループホーム、そして同行援護を中心とする相談支援センターを運営しています。羽二重ねっとでは、読書環境の充実を含む様々な情報提供センターとして、また、当事者団体として仲間づくりにも協力いただきます。
福井県視覚障害者福祉協会のホームページは準備中です。


一般財団法人 村井勇松基金

財団法人村井勇松基金は、村井メガネ店創立者、故・村井たか子によって設立されました。本基金では「すべての人にビジョンケアを届けたい」という願いから、中部盲導犬協会への資金提供や訓練の支援、ロービジョン補助器具の展示施設の設置などをおこなっています。羽二重ねっとでは、その事業支援に加え、視覚障がい者への盲導犬貸与事業や、ロービジョン支援機器の展示等の支援をいただいています。
一般財団法人村井勇松基金ホームページ


福井県盲教育振興会

福井県盲教育振興会は、視覚障害教育について一般社会の協力と理解を求め、盲学校教育の振興を図ることを目的に、視覚障害教育やその啓発活動の助成をおこなっている任意団体です。一般県民に加え、本校同窓生や(旧)保護者、(旧)職員の協力を得ながら活動をおこなっています。羽二重ねっとでは、その事業支援に加え、盲学校で学ぶ幼児児童生徒への活動助成や、視覚障害スポーツへの助成事業でご協力をいただいています。
福井県盲教育振興会のホームページ


福井県立盲学校

福井県立盲学校は、県内唯一の視覚障害に特化した特別支援学校です。幼稚部・小学部・中学部・高等部普通科・高等部保健理療科・高等部専攻科理療科の4学部3学科からなり、視覚障がい児者に対する教育的リハビリテーション機関であると同時に職業的リハビリテーション機関として、視覚障がい児者の生活自立・社会自立へ向けた支援をおこなっています。羽二重ねっとでは、事務局として羽二重ねっとの運営と窓口業務を担っています。
福井県立盲学校ホームページ


羽二重ねっと協力機関

羽二重ねっとの活動に対し、福井県健康福祉部障害福祉課と、福井県教育庁高校教育課の2行政部局のご協力をいただき、連携して事業を展開していきます。
福井県健康福祉部障害福祉課ホームページ
福井県教育庁高校教育課ホームページ



PAGE TOP