代表挨拶

視覚障がい者の幸せを目指して


視覚の障害は情報へのアクセスの障害でもあります。羽二重ねっと(福井県視覚障がい者支援ネットワーク)は、見えない見えにくいことでお困りの視覚障がい者とその家族の幸せを目指して、平成28年1月、県内の視覚障がい者支援に関わる団体・施設・機関が集まって設立されました。

設立総会において羽二重ねっと代表の任を仰せつかりました島本史郎でございます。私自身、眼科医として地域医療に携わりながら、県立盲学校の校医も長年務めて参りました。また、ロービジョン専門医として、視覚障がい者の医療面における支援に携わって参りました。その中で、米国を中心にスマートサイトと呼ばれる視覚障がい者の情報支援に関わる仕組みの必要性を痛感しておりました。

この度、県立盲学校の五十嵐陽子校長から羽二重ねっと設立へ向けた構想を相談されたとき、眼科医会代表として設立に協力させていただくことになりました。
そして、平成27年2月の第1回準備会から1年間の準備期間を経て、設立総会を迎えることができました。この間、構成団体の皆様の御理解と御協力をいただき、加えて福井県健康福祉部障害福祉課並びに福井県教育庁高校教育課の御支援をいただくことができました。
この場をお借りして関係者の皆様の御厚情に対し心からお礼申し上げます。

羽二重ねっとの使命は、見えない見えにくいでお困りの視覚障がい者とその御家族、その支援に携わる皆様に対する情報提供にあります。事務局を中心に、提供できる情報の収集と整理を進め、皆様からの御相談に対応できるよう取り組んで参ります。
まだまだ十分な情報提供とは云えませんが、関係者一同、視覚障がい者の幸せを目指して精一杯努めて参りますので、皆様の御理解と御協力をお願いします。

このホームページも、情報提供の一環として充実させていく予定です。
ホームページを通した要望や相談、問い合わせにも対応していきますので、皆様からの積極的なお問い合わせをお待ち申し上げております。

最後になりましたが、見えない見えにくい方の支援に関わるすべての関係者の皆様にも、羽二重ねっとへの御支援と御協力をお願い申し上げます。共に視覚障がい者の幸せを目指して、歩んで参りましょう。

平成28年5月
羽二重ねっと代表 島本史郎



PAGE TOP